ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

霊的汚濁

質問者:近所の近くで火災が起きたのですが
風が北から南に吹き次々と家屋が延焼しました
しかし、ある家のそばで火が方向転換しました
相変わらず風は南に向かって吹いているのですが
その家は無傷理由を教えてください

私:基本、火や水と言うものは清めの意味を持ち
浄化作用の働きがあるのですが
燃える理由がなければ火が移らないのは自然の理です

理由としては、その家の方が特別な人だった可能性があります
先祖代々「善徳」を施し
家の悪因縁も個人の悪因縁もほぼ消滅状態であったか
家の代表が神職などに就いた上に先祖代々そういう家柄で
「劫」(悪行)がなく霊的汚濁がなかったために
火が延焼しなかったのでしょう

地震で回りが倒壊して潰れたのに
自分の家だけ無傷とか
空襲で全部焼けたのに
一軒の木造民家だけ無傷と言うケースもありました

火災が起きる地域には「動物霊」が巣食っているケースが多く
霊的にも汚染された地域であり
なおさら浄化作用が起こりやすいようです

動物霊などでけがれた地域では「火魔」も出やすいのが特徴です。

  1. 2012/10/30(火) 01:53:14|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人類の起源 | ホーム | 「空海」と「最澄」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/867-636065a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特選ハイル語録



QR