FC2ブログ

ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

批判と感銘

質問者:ハイル禅師 私は禅師の語録を読んで
大きく感銘を受けましたが 批判的な人もいます 
なぜ両極端に分かれるのですか?

私:人間の生活に於いて「我」ほど恐ろしいものはなく
 霊界でも我と執着を取ることが 第一義とされています

大本教のお筆先に 一節があります 
「神でさえ 我でしくじったのであるから
 我ほど怖いものはないぞよ」とあり 
また「我がなくてはならず 我があってはならず
 我があって 我を出さないのが よいのであるぞよ」とあるが
 この意味は 我の実体を 
適切に喝破しており 感銘に堪えない

また お筆先に書かれている 
「人間は素直が一等であるぞよ」との言葉も至言です

無論 世の中には 嘘偽り 詐欺もあるので
 何でも素直であれ と言うのではなく 
我があっても 我を出さずに 
物事を素直に見て 真理を受け入れる器をもつことが 
開運の端緒になると言う意味です

私の書いてきた内容は 学術的価値があるものですが
 自分の「我」と 無知から来る偏見と観念の為に
 開運のチャンスを逃している人が多いのは
 守護霊の発信する内容を100分の1もキャッチしていない
のと同じ理屈なのであります


  1. 2018/06/29(金) 01:20:05|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シャム双生児の理由 | ホーム | 神人合一の条件>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/8293-d1dc709d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

特選ハイル語録



QR