ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

寿命を知ることの弊害

質問者:ハイル禅師 寿命が予め分かっていれば
不都合なのでしょうか? しかしある程度 危険を避ける
ことが出来るのではないでしょうか?

私:易占で先天の壷を正確に鑑定すると 
徳と劫や木火土金水の五行の気により 
その人の生命エネルギーが分かるが 
仮に何年・何月・何日に洪水で亡くなる事が判明しても
 基本的に避けられない運命となっています

寿命を知ることにより有意義に精一杯生きようと努力する
人よりも どうせ俺は何歳で死ぬんだからと捨て鉢に考える
人や 死の恐怖で毎日眠れず不安な人生を送る人の方が
圧倒的に多いと思います

人間はいつ死ぬか分からないから 
希望を持って精一杯生き抜く努力が肝要であり
 寿命を知る事は 悟りの無い人には過酷である

さらに何月何日に洪水で亡くなると予め知り 避けようとしても
 別の交通事故等で寿命となり 運命は変えられないが
 これは「徳数による生命エネルギー自体が切れている」
からなのである

人は善行する事で ある程度「造命」ぞうみょう 
できますが 徳積みの重要性に気づく人は 目薬の一滴ほどであり
 多くの人は善行せずに命数どおりの寿命となります

「徳を積むには 素直な徳性が必要」だからでもあります


  1. 2017/08/07(月) 01:18:57|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天職は決まっているのか | ホーム | 信仰の種類>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6984-2ad8e060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

特選ハイル語録


QR