ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

催眠術の効果

質問者:ハイル禅師 催眠術をかけられると恐怖心が無くなったり 
嫌いな物が食べられるのは本当でしょうか?

私:催眠とは暗示を受けやすい変性意識状態の一つであり
 眠気も一種の暗示状態にあるが 人間の意識は 
潜在意識と顕在意識から構成されており 
覚醒時の論理的な顕在意識を非論理的な潜在意識に
人為的に誘導するのが「催眠術」と呼ばれる手段である

催眠術とは 中世以前の催眠療法(ヒプノセラピー)から来ており
 病気に対する治病効果の為に使われていました

日本でも明治に欧州から医学書等を通じて大衆にも広まったが
 政府が危険性を懸念して一部の許可された者以外
 使用の制約をかけた事からも 悪用すると危険な意味がある

催眠術は 若くて猜疑心が無く 純粋な人ほど完全にかかりやすく
 顕在意識が強い人の場合 まぶたは動かなくなるが
 体全身にかかることはなく 顕在意識が何割か残ります

完全に催眠術にかかった人は高所恐怖症なのに高い所に登れたり
 嫌いな食べ物が平気でパクパクと食べられるが
 顕在意識の制約から解き放たれたからであり
 顕在意識に戻してやると 途端に嫌いな食べ物を吐き
 高所では恐怖心で体が硬直します


  1. 2017/08/04(金) 01:24:20|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「生きた金」と「死んだ金」 | ホーム | 袖振り合うも多生の縁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6972-461ab884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

特選ハイル語録


QR