ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

感情が臓器に影響

質問者:ハイル禅師 感情が乱れると臓器に影響が出る話
は本当でしょうか?

私:喜怒哀楽の感情は 臓器に於ける「呼吸器系」「消化器系」
等と密接に関連しております

例えば 突然悲しみに襲われると無意識に胸を押さえますが
「この胸の痛みや悲しみ」とはよく使います

感情と臓器の関係では 恐れを抱くと腰に異常が出ます 
「恐怖で腰が抜ける」と言うように反応がでますが 
胃が悪い人も腰痛持ちが多い

だが感情で害しやすい臓器は「肝臓」が上位です

肝臓は「肝を冷やす」と言うように恐怖体験で悪くする人もいますが
 怒りにも敏感な臓器であり 怒りっぽい人は肝臓の具合が悪くなり
 逆に肝臓の具合が悪くなると怒りっぽくなる

なぜなら肝臓が悪い人はストレスを溜めやすいからで
「胃」も悪い人が多く 忍耐力が弱いからである

また精神的に不安定な人や 未来に希望が持てない人は
「心臓の動悸・不整脈」や「消化器系」を患い易い

消化器系で言えば 特に「すい臓」であり 
糖尿病の方や慢性すい炎の方は「世の中や
自分の将来を必ず憂いています」

心身医学から言えば 感情の乱れから
「腰」「心臓」「肝臓」「胃」「すい臓」を患う方が非常に多いのである


  1. 2017/07/17(月) 01:14:59|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出産する際の「徳数」 | ホーム | 霊能者に性交を強要された人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6898-90e85f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特選ハイル語録


QR