ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

ペットの認知症

質問者:ハイル禅師 ペットの認知症は
どのように治療すべきでしょうか?

私:犬や猫などのペットの脳も人間と同じ構造ですから
 脳に細菌感染や間隙部などが生じると
アルツハイマー病に準じた進行性の認知症になります

アルツハイマー型では正常な加齢変化と異なる脳の劣化によって
生活に支障が生じ最終的には介護が必要になります

動物の場合 大型犬の方が7歳前後と若くして罹患しやすく
 小型犬の方は12歳前後の発症が多い傾向にあり
 猫は小型犬と同じく12歳前後の発症が多く 若い猫は罹患しにくい

また認知症はペットのトイレでわかる事が多いが 
正常に出来ないからである

世界的な視野でみると日本の犬が8割に達し 
そのうち柴犬が3割にも及んでいる 
だが高齢化したから罹患するとは限らず 発症率は五割程度です

日本は霊障大国でありペットの認知症は
ペットの不成仏霊の憑依に原因があり
 ゆえに死因や症状が同じになる
 
つまり高齢化で免疫が落ちた時に憑依されるのは人間と同じ
なのである

ただ人間と違うのは動物には救霊出来ない事です

早期発見が望ましく改善策は
コミュニケーションを多くとって体を擦ったり清潔にして上げる事で
多少は脳の活性化に繋がります


  1. 2017/07/06(木) 01:35:49|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死因まで決まっているのか | ホーム | 覇権戦争が何度もヨーロッパで起こった理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6854-16c5e7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

特選ハイル語録



QR