ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

言霊と祝詞の相関関係

質問者:ハイル禅師 言霊と祝詞には相関関係が
有るのでしょうか?

私:古代の人々は洋の東西を問わず 言葉には精霊が宿り
 その霊妙な力によって 人々の幸も不幸も左右される事が
本能的に分かっていました

日本最古の歌集「万葉集」にも「言霊の助くる国」とか
「言霊の幸う国」と記され 日本は言霊が働き 
助ける国であるから「幸いでありますように」と言葉に出して
いえば 言われた人はその通りになると考えられていた

つまり 自ら発する言葉に神霊を感じ 
超越的実在としての言葉の「力」や「働き」を
古代日本人は端的に言霊と名づけたが 
言葉や数字や音に霊力が宿るのは事実であります 
<言霊・数霊・音霊>

特に易経を学ばれた方は御存知だと思うが 
現代人が古代人のように言葉の霊力を確信して悪用すれば 
大きな災禍を呼び起こします 

また言葉に霊力がなければ「祝詞」も形骸であるわけで
 祝詞が言霊の力を持っていないとすれば 
現在まで連綿と続いてきた全ての神道儀式は
半ば意味を喪失することになる

祝詞の語源に関しては「祝詞とは宣説言(のりときごと)の省略」
で神に奏上する言葉」であるとする
本居宣長の説が代表的なものであります


  1. 2017/06/25(日) 01:36:35|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<予知夢で見た夢が現実になる | ホーム | キリスト教の輪廻転生観>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6810-54591806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

特選ハイル語録


QR