ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

霊障の憑依を利用する神仏

質問者:ハイル禅師 神仏は なぜ人に霊障を憑依させて
いるのですか?

私:人は前世と現世で あらゆる罪穢れを蓄積させて
生きていますが 神が定めた「因縁支配の法則」があり 
人の行いによって マイナス面が残れば 必ずそれを
清算しなければならず その清算の媒介が家系の憑依霊
(マイナス霊)の存在なのである

また個人の「劫」に応じて 憑依霊の数や強さが変わり
家系の憑依霊の障りは法則の一環として 神仏が利用して
いる形になっている

だが神仏は表向きには人間に守護神と守護霊以外が
憑依してはいけないと言われております

また家系や個人に憑依する霊とは
 ①地獄の先祖霊 ②怨念霊 ③動物霊 ④生霊 ⑤水子霊
 ⑥木霊・井戸霊などがメインであり どの家系もこれらが
複合的に憑依しているが 徳の多い家系ほど憑依霊が
少ない上に守護霊が多くなり強い傾向にあります

神仏は大局的見地から 地獄の先祖霊・他人の怨念霊
憑かれた子孫の三者が苦しむことによって
「劫」の清算と抹消をさせていく

前世で善行が多かった人は憑依霊の少ない家系に生まれて
守護霊が強い為 幸せな人生で老衰で亡くなりますが
 悪行が多かった人は憑依霊の多い家系に生まれて
 肉体を打たれて不具になったり 奇病や難病に罹患するが
 これらは偶然ではなく すべて「相応の理」によるのである


  1. 2017/06/03(土) 01:26:12|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悪質な円形脱毛症 | ホーム | 輪廻転生する魂の素性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6723-1f9447eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

特選ハイル語録


QR