ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

節分の鬼の正体

質問者:ハイル禅師 節分の鬼は実は偉い神様のことだと
聞きましたが それならなぜ鬼は外になるのでしょうか?

私:節分とは天界の正月のことであり
節分の行事で福は内・鬼は外がありますが
 厄払いのために神社仏閣や家庭で豆まきを
行う習慣が出来ました

ただ普通の人は厄除けの意味で鬼は外!とやる訳だが 
事実を言うと この鬼とは艮の金神である國常立尊の
神様のことであります

それではなぜ鬼として嫌われたのかと言えば
非常に厳格な神様であり間違ったことは許さないからであります

うるさくしたのは國常立尊神は神々が劫を積んで苦しまないように
慈悲慈愛でもって厳しくされたのです

だがこういう神様がいると好き勝手が出来ないので
天若彦(あめにわかひこ)の神が鬼として押し込めて
しまったのである

この押し込めた神様は
後世では天邪鬼(あまのじゃく)と言われていますが
 素直ではなく屁理屈が多く傲慢で尊大な存在の意味がある

國常立尊神は艮である東北に封印されたので
 ここを鬼門と言って忌み嫌われるようになりましたが
 京都では名残がまだ残っております

自分に利益がある事柄は福は内であり
不利益な事柄は鬼は外に都合よくしたわけです


  1. 2017/05/28(日) 01:44:49|
  2. 体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<観音様が降りられた理由 | ホーム | 抗原抗体反応の意味>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6700-941ee5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特選ハイル語録


QR