ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

神道と仏教の教え

質問者:ハイル禅師 神道系の教団と仏教系の教団の
どちらの教えが進んでいるのでしょうか?

私:明治とは「明るく治める」と言う意味があり
 夜の時代の御釈迦様が主宰神だった時代は終焉して
 科学が発達していく天照大御神の太陽神界が
主宰する時代に変わったと言う意味です

この証が明治元年の廃仏毀釈であります

故に天理教には天理王の尊と呼ばれる正神界の龍神が降りられ
 大本教には国常立大神が出口ナオに降りられたのです

出口王仁三郎氏は出口ナオの娘婿だが
 空海の前世を持つ巨人霊能者であり 
この出口とは 夜の出口と言う意味で 偶然ではない

従って正神界の神様は夜の時代が終焉した仏教系の宗教には
一切降臨されておらず 特に明治以降に出来た仏教系の宗教は
 正神が興された教団ではなく 形骸宗教である

だから教えの内容は圧倒的に大本教や
世界救世教系列の神慈秀明会・真光文明教団・ワールドメイトが
遥かに上だが 観音様が教祖に降りられたからである

現在の有名な仏教系の宗教で釈迦やイエスや
日蓮上人の再誕を騙っている教祖は
全員 金毛九尾や大狸などの魔物が憑依しているので
 信者は書物だけではなく
 しっかりと教祖の言動を注視すべきであり
 仏教系の教団は避けたほうが良いと言える



  1. 2017/05/26(金) 01:31:59|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9・11は誰かの陰謀なのか | ホーム | 慰安婦発言>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6693-5621e8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

特選ハイル語録



QR