ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

想念が明るければ良いのか

質問者:ハイル禅師 明るい想念の人は軽いから死後
高い霊界に行くそうですが 極端な例を出せば
放蕩三昧・奢侈贅沢・酒池肉林の生活を送っていても
 想念が明るければ 死後良い霊界に行けるのでしょうか?

私:高い霊層界に入る人は 確かに明るい想念を持ち
 身も心も軽い人でなければならないが
 高い霊層界に入れる基準とは ① 御魂磨きの修行が進んだ人
 ② 明るい想念を持つ事 だが ②は内申点を意味します

現世で人間が地上で御魂磨きである魂修行をする課題が
個々人で生まれる前に霊界で決められているのです

この御魂磨きの課題をクリアせずに
放蕩三昧・奢侈贅沢・酒池肉林などをやっていれば
 神霊界の法則に反した分だけ 下層の霊界に堕ちてしまいます

肝腎な事は 人間の魂は「神の分魂」である為
 他人の救済や自分の御魂の向上に対する苦労は
 大変喜んでいるが 自分本位な生き方をしている人は
 表面は明るく満足しているようでも 御魂が悲しんでおり
 想念が明るいことはありません

結果 自分本位の好き勝手な人生を送ってきた人は
 霊界の課題をクリアできず 徳も積まず 
自己を高める努力も怠った為 特に動物的要素が強ければ
 地獄の畜生界に堕ちて容貌が変わる人も多いのである


  1. 2017/05/23(火) 01:25:06|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男性は浮気をする生き物なのか | ホーム | 徳積みと貯蓄>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6682-c28623f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特選ハイル語録


QR