ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

故人がお供え物の訴えをする

質問者:ハイル禅師 私は霊感はありませんが
 昨年亡くなった父が好物だったピーナッツを
仏壇に供えて欲しいとの声がしたので供えました
 これは良いのでしょうか?

私:霊感とは実はどんな人にも大なり小なり備わっている
のです その証拠に超能力者が一般人の力を借りるのも
微弱な霊波が出ているからです

勝手に仏壇に供えても良いのかとの質問ですが
 故人が要求されれば飲食出来る状況である為
 人がすぐ飲める・すぐ食べられる状態にして供えた方が良いです

霊も箱の中の酒や食べ物は当然飲食出来ないからであり
 未開封でお菓子を供えている人も多いですが 供養にもならない

一般的に餓鬼界などに落ちた先祖霊は仏壇に来ても勝手に
飲食出来ないのです それは御馳走が目の前にあっても
彼らには見えないし臭わないからである

だが通常は仏壇に来られた霊や仏壇に死後居座った
不成仏の先祖霊は飲食出来ます

その際 生前好物だったコーヒーを供えて欲しい場合は
霊が見える子孫には姿を現して手でコーヒーを飲む仕草をしたり
 霊の話が耳で聞こえる子孫には言葉で欲しい物を要求することがある

この事実からも丹波哲郎氏が
死後に霊が飲食しないと書いている内容は半分は間違いである


  1. 2017/05/12(金) 01:23:27|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ペットの死 | ホーム | 暗い性格の理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6639-7e132996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特選ハイル語録


QR