ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

後光が差すの意味

質問者:ハイル禅師 よく「後光が差す」という言葉を使いますが
人からそのような霊波が出ているのでしょうか?

私:「後光」と言うのは霊界の仏様や死後に中有界上段以上
に上がれた人に使う言葉であって生きている人には
普通オーラという言葉を使います

間違っても「後光」と言うものが
真ん中より低い霊界にいる人(霊)に差すことはありません

オーラと言うものは大なり小なり
人の体から発せられています
熱意のある人は「赤」とか「精神性が高い人は「紫」など
その人の性質によって色も違ってきます

また影が薄い人と言うのはオーラが薄くなっているのです
死期が近いことを示唆しております

さらにオーラの事を(霊衣)ともいい
日頃から善行している人は霊衣が厚くなっています

このオーラ(霊衣)が薄い人が例えば自動車にぶつけられた場合
肉体に損傷を受けますが
霊衣が厚い人は7メートル弾き飛ばされても無傷という人もいます

オーラ(霊衣)がクッションの役割を果たしたのと
さらにそういう人の守護霊も強力なので
ダブル守護を受けた理由により無傷なのです


  1. 2017/04/26(水) 01:37:07|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天職は決まっているのか | ホーム | 真理を説く理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6575-5ba07345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

特選ハイル語録



QR