ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

霊主体従の言葉の発祥

質問者:ハイル禅師 霊主体従という文字は誰の言葉ですか?

私:大本教の出口王仁三郎氏が発祥であります
そこから宗派をなした世界救世教の岡田茂吉氏や
真光文明教団の岡田光玉氏なども霊主体従の法則
という言葉をよく使っておりました

また真光系派生宗教でも「霊主体従心属」という言葉を
使っております

そもそも「霊主体従」とは神道学・古神道でいう霊と体の位置関係を
明確に要約して呼んだものです

また この言葉は「霊界で先に起こったことが
現実界に移写してくる」という意味でも使われている

さらに 出口王仁三郎氏は「いずのめの働き」とも説いています

「いず」とは縦で「霊」のこと 「のめ」とは横で「体」のこと

何を行うにしても縦と横の両方のバランスが大事で
あるという意味になります

ただし縦が先で横が後となります


  1. 2017/04/18(火) 01:02:18|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御本尊の神罰 | ホーム | 井戸霊の祟り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6542-4e461cf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

特選ハイル語録



QR