ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

御守りの御守護

質問者:ハイル禅師 友人が神社の交通安全祈願の御守りを
持っていたのに交通事故で重傷に遭いました 
御守りも気休めなのでしょうか?

私:交通事故の現場に 御守りが散乱していたケースは
よくありますが 正神の神社の御守りには神徳があるのも
確かなのです

それではなぜ有力な神社の御守りを持っていながら 
交通事故に遭うのかだが 心が汚い人や波長が荒い人など
には 守護を及ぼすだけの力が御守りにはないからである

よく考えて見てください 神社でモノを購入されるのは 
物施の徳になるので良いことだが 
千円前後の御守りで 神仏が交通事故の安全を
すべて保証されるでしょうか? もしそうであれば
 悪因縁の強烈な人でも 千円で万難を防ぐことができるし
 宗教に入信し苦労して大金を使い
 体施する人もいなくなる理屈となる

神社にチャリンコ賽銭で100円玉を投げ入れた人と
 正装して十万円の御玉串を持参して
 正式参拝した人と どちらに神様は 気を配られるでしょうか?

神様の御守護を受ける条件とは 
仏教で言う結縁灌頂のような「縁結び」が必要であり
 神仏と自分との間に「霊線」が繋がることが肝要なのである


  1. 2017/03/26(日) 02:24:22|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会社代表との波長の差 | ホーム | 異性の好み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6450-49effa45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

特選ハイル語録


QR