ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

徳積みの心構え

質問者:ハイル禅師 心が籠っていなくても
物施をすれば徳積みになるのでしょうか?

私:実は財施や物施と言うのは体施で奉仕したり
真理を伝導するよりも簡単に出来る利点はありますが 
あまり徳積みにならないケースがあります

例えば神社への献金にしても「これぐらいしてやれば十分だろう」
とか「これだけしたから当然功徳も大きいはずだ」と言う気持ちで
行った場合 かなり徳が目減りしてしまいます

もっと酷い場合は「どうせ金儲けだろうし付き合いで恵んでやろう」
と言う不敬の気持ちで行った場合は徳積みにはほとんど成り得ない

これらから考えると心が籠っていなくても無心でなされた方がマシです

私が徳積みに於ける物施の在り方を話しますが
まず献金の際 金額の多少に関わらず真心と感謝の気持ちをもち
 さらには愛念が込められていなければ意味を成しません

神仏や相手に恵んでやろう!と言う気持ちでなされた場合
 もはや布施にはならず徳積みの効果が減殺されるが
 してやるとさせて頂くでは雲泥の差がある

献金や寄附をさせて頂くと言う謙虚な気持ちで
功徳を積まさせて頂く訳であり負のカルマを解消させて頂く
と言う心構えが大切なのであります


  1. 2017/03/08(水) 00:29:06|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<足元を掬われる原因 | ホーム | 神縁の結ばれ方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6378-37e333d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

特選ハイル語録


QR