ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

易学でいう先天と後天とは

質問者:ハイル禅師 易学などで先天・後天と言う言葉が
ありますが どう違うのですか?

私:易学で言う先天・後天とは「運」の出所を指す
言葉であり 先天運とは先天的に持っている運であり
 母親から「オギャー」と生まれる前が「先天」で 
十月十日間のお腹の中にいる時に 
先天運が形成されます

後天運とは生まれ落ちた瞬間以降に形成されて行く
運であり 重要度から言えば 先天八割で 
後天二割という比率となり 先天の徳分で
 既に命運が ほぼ確定しているのです

オギャーと生まれた瞬間 その時の木火土金水の
星の位置によって年月日時の四本の柱で 
人の運勢を見るのが「四柱推命」です

生まれた日が その人の「人間性」を表わし
 月は 自分と母親との関係
 年は 自分と父親との関係
 時間は 自分の晩年運を示します

これら自分の生まれた命式で
 重要なのが全体のバランスであり 
いくら良い星があっても バランスが悪いと駄目である

四柱推命の的中率は 八十%を超えるが 
人が生まれた瞬間に 運命の大半が確定するからです

五柱推命もあり 十月十日を遡及し 胎内で受精した瞬間
を見るので 九十%を超える的中率となります


  1. 2017/02/07(火) 01:23:23|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自力と他力が十字に組む | ホーム | 水子の行く先>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hair9.blog.fc2.com/tb.php/6262-44b1c1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

特選ハイル語録



QR