ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

大言壮語する人

質問者:ハイル禅師 大言壮語する人は 山師のような性格の人が
多いのでしょうか?

私:他人を欺く為に大言壮語する人が居れば 確かに山師だが 
常日頃から大きな事を言う人は 本当に大きな人物になる
可能性があります

私の母方の祖母の妹の旦那さんが体が弱く まともに働けずに
自分の子供の給食費すら払えず祖母に借りに来ていたぐらい
貧乏だったが 常日頃から数千万・数億の話ばかりしており 
祖母は嫌っていました

だが「言い当たる」という言葉があるように 大きな事を言葉に出して
言うと言霊といって言葉の霊力によって 夢を叶えてくれる
道や運命が開けてくることがあります

事実 祖母の妹の旦那さんは 小豆相場で大きく儲けた後 資産家となり 
松下幸之助氏や田中角栄氏に資金援助する立場となり 複数の大企業
の大株主にもなって 黒塗りの社長の車が数十台並んで年末年始等の
挨拶に来られていました

最後には帝塚山放送局から株式情報まで流しておりましたが 
有名人や権力者と親友関係になった事から 前世は然るべき地位に
居た人だと思います 

気の小さい人は 常日頃から大きな事を言っていると 
それに見合った大きい御魂になる事があるわけです


  1. 2017/08/06(日) 01:29:54|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界連邦政府の成立

質問者:ハイル禅師 世界連邦政府は2020年前後に
日本を首都として成立するのでしょうか?

私:神仏の願いは「世界連邦政府」を成立させて 
国益中心のエゴを無くすことにより 
全世界が平和で精神性の高い超高文明の社会にする事であり
 科学も医学も現在とは桁違いに進歩させる事にあります

世界連邦政府の話は古くは聖徳太子の「大祓詞」
 近代では 出口王仁三郎氏の「霊界物語」に書かれており
 日本の明治維新の廃藩置県のように世界の国家が県のようになり
 一つの国となるわけで 「七王も八王もいると口舌(戦争)が
絶えないから 一王にするぞよ!」という意味である

ただ大本教系では1995年前後の世界連邦政府成立予言であったが
 この時点で強引に成立させるには世界人口の半数以上を大洪水で
失う事となり また2020年に成立させると三十億の命と引き換えに
世界の国が国益など と言ってられないと言うわけで世界連邦政府が
成立すると ダビンチの神霊が述べている

2020年前後に成立させるのは地球神霊界の国常立大神様の願い
だが 犠牲が大きすぎるわけで 我々としてはソフトランディングである 
軟着陸を神様に要望している為 2020年から大幅に遅れる事が
予想されます


  1. 2017/08/06(日) 01:27:17|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大金での浄霊

質問者:ハイル禅師 大金で浄霊等を受ければ
 露骨な霊障が全部解決されるのでしょうか?

私:浄霊とは 救霊よりも遥かに精度が落ちるが
 いづれも大金を出したからといって
 基本的には完全に短期間に解決出来るものではありません

なぜなら生まれる前に人生の課題は自分自身の御魂が霊界で
選んできますが この課題とは自分の前世の行いの償いや修正や
発展などがあり その人の徳性によって決まるからです

最悪の環境で露骨な霊障に苦しむ事があったにせよ 
御魂は前世の罪に於ける覚悟の罪障消滅の為に
苦しんで劫を晴らす事を知っております

だが御魂(潜在意識)は知っていても 自分の顕在意識は前世の所業
を知らない為 人並みの幸福や完全な解決を希望するが
因縁は自らの課題として想定内なのである

従って因縁的霊障を簡単に神仏が解決されないのは
 基本的に乗り越えるべき課題だからであり
 大金で霊障が全部外れてしまえば
 生まれた先天運が大きく狂い 法則を歪めてしまう

ゆえに神仏の大愛とは「大難を小難」にするのが精一杯であり 
人間サイドは徳を積み続ける事によって
 至誠を見せ そのたびに神仏が恩赦を施す形が本質なのです


  1. 2017/08/06(日) 01:25:53|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高い境地

質問者:ハイル禅師 高い境地に到達した人は神界に
入れるのでしょうか?

私:境地とは霊界に相応しており「心の世界」である為 
境地の高さだけでは神界に入ることは出来ないのである

例えば易者にも色々いるが一流になれる人と二流で終わる易者の
違いは 二流の易者は理屈は分かっているのだが 体験による
「体得」が足りない所であります

どのような道にせよ 途中で挫折した人間 或いは 
投げ出した人間は所詮はそれまでの御魂でしかなく
 家庭事情・金銭事情・人間関係での揉め事があったとしても
 足跡としてやめた人間は 運がないのもあるがダメな御魂であり 
最後までやり遂げた人間が良き御魂と評価されるのです

神霊界は境地の高さだけではなく 実績と功績の高さも必要であり
 半端な知識で研鑽を終えて宗教家として金儲けの為に
本を出版している有名人が大半だが やはり やり遂げた人間とは
言えないのである

結果 最上魂の御魂として神界に行くのか
 上魂の御魂として天国界に行くのか
 中魂の御魂として中有霊界に行くのか
 下魂の御魂として地獄界に行くのかは
 それは一生涯に渡ってどういう足跡を残してきたかによって
決まるわけであり 境地によってのみ決まるわけではない


  1. 2017/08/06(日) 01:24:07|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

特選ハイル語録


QR