ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

霊障がくる根本的な原因

質問者:ハイル禅師 霊障がくる根本的な原因は何でしょうか?

私:怨念霊たちは何の理由もないのに家系を祟ることはなく 
自分の前世か或いは先祖が彼らを苦しめたから
子々孫々まで祟るのであります

水子も祟ることがありますが
 水子を作ることは劫まではいかなくても「過」になります
 このような「小過」や「大過」が重なると劫になる

この劫が悪因縁として現世に顕現すると業になる訳です
 霊障とは劫の重さに応じてやって来る為 
劫を弭化すると霊障も連動して弱まります

霊障がくる根本原因は先祖代々積んだ劫や
自分が前世で積んだ劫 また現世で積んだ劫にあります

劫があるからそれに見合った霊障がやってくる 
パーキンソン病や癲癇の人達も大脳に異常が起こること
で罹病しますが これも悪因縁である劫と霊障がある

先祖代々あくどい商人や武士で小作人や多くの人を
苦しめた場合 家系の劫がどれだけあるのか
 数値化して見ると数百億から数千億に上る罪業の家系もある

この場合は少々の罪障清算や徳積みでは浄化しきれない為
 悲惨な死に方での強制的な清算となる

だが基本は罪障清算や徳積みに努める必要があり
 神仏が大難を小難に振り替えてくれるからであります


  1. 2017/06/09(金) 01:54:52|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夫婦喧嘩の影響

質問者:ハイル禅師 夫婦喧嘩は子供に悪い影響を
与えるのでしょうか?

私:夫婦喧嘩と言っても 喧嘩の理由によって随分違いますが
 子供にとって良い意味での両親の喧嘩であれば
 子供は反面教師にできる知恵が付くので
 一概に悪い影響を与えるだけとは言えない部分があります

だが基本 稀にではなく頻繁に夫婦喧嘩をする家庭には
 強い霊障が存在しており 口から出てくる怒号とか恨み
の想念が黒いクモリとなって家の中を包み込む為 
浮遊霊なども寄ってくるが こうなってくると子供の健康に
悪影響を与えるのは必至と言える

実際に私は夫婦喧嘩をしている家の中を覗き込む
白い服を着た女性霊の写真を観た事があります
 はっきり写るほど浮遊霊は波動が荒い粗粒子なのだが
 近所の人が撮った写真を縁で見せてもらいました

子供の精神的な病気の理由の一つに夫婦喧嘩があるが
 絶えず争いをしている家庭では
メンタルの弱い子供は病気になるし 
やや強い子供は非行に走りやすい

子供の健康を考えるなら
 夫婦が仲良くしていれば霊障も出にくいし
 浮遊霊や地獄霊が波長を辿って寄ってくることもない

だが最終的に与えられた環境にうまく順応できるかどうかは
 子供の生まれ持った徳と劫によります


  1. 2017/06/09(金) 01:53:45|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神はサイコロを振らない

質問者:ハイル禅師 アインシュタインが唱えた「神はサイコロを
振らない」とは どういう意味でしょうか?

私:アインシュタインは量子力学の不確定性原理への反論に際して
「神はサイコロを振らない」と言ったのであり 
確率論ではなく 明確な根拠があるはずだとする意見の事である

不確定性原理とは
「粒子の運動量と位置は同時に正確に測れない」とする
確率論でしか答えが出せないとの見解であります
 
だがそうではなく アインシュタインは「自然界の物理には
明確な法則」があると「隠れた変数理論」を定義したのです

要するに全く同じ条件でボールを投げた場合
 着地点は同じになるはずであり
 確率的に位置が変わるのは「隠れた瑕疵(変数)がある」
というわけです 

実はこの現実界にも 多次元世界に存在する宇宙エネルギーが
充満しているが それは真空中に存在しており あらゆる物質をも
透過する極小エネルギーであります

電子の大きさ「10のマイナス13乗センチ」より 桁違いに小さく
「10のマイナス20~67乗センチ」に存在する極超微粒子群で
あるが 現在の科学力では発見されておらず 
これが「隠れた変数」になっている 

また高級神霊も極超微粒子の存在なのである


  1. 2017/06/09(金) 01:52:38|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就職先の御縁

質問者:ハイル禅師 就職先の御縁も前世と関係が
有るのでしょうか?

私:当然そうです 因縁支配の法則という言葉がありますが
 万事がすべてそうであり 就職先や転職先の企業との縁も
 企業の創業者や現在の社長と前世に縁があるか
 或いは企業自体が「藩」になっており その縁で入社する
という事になります

私の友人で西松建設に勤めている人がいたが 
社宅にいた時は 9割ほどは九州出身の人で
東京が本社なのに不思議だと言っていました
 
私の父の友人にも西松の人がいたので色々調査した所 
前世薩摩藩士だった人が多いことが判明しました

つまり藩が企業になっており 社員は藩士であり
 社長が殿か家老という場合が多いのである

商社もそうであったし また松下電器などは
皇帝の配下だった者が重職を占めていたが
 朱元璋であった松下氏との縁であり
 松下氏の死後世代交代が進んだので企業名を変えた結果
 神通力を失ったのである

終身雇用制が主流だった時代の社員は
 終身藩士だった人が多く 終身雇用制が
 崩壊した現在では 藩を改易された浪人が多く生まれており
 社外工や派遣社員になっている

特に東証1部上場企業は「藩」の名残や因縁を
受け継いだ会社が多いのであります


  1. 2017/06/09(金) 01:51:19|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

特選ハイル語録


QR