ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

整形手術ブーム

質問者:ハイル禅師 韓国などでは整形手術がブームですが
 霊界でも盛んなのでしょうか?

私:確かに霊主体従の法則があるように
 文明や文化 或いは科学技術などは
霊界でブームになったものが現実界に降りてきますが
 整形手術に関しては現実界特有のものだと言えます

現実界と霊界の違いは 現実界は物質世界であり
 肉体がある為 整形手術に効果があります
 
だが霊界は想念世界であり 自分の心の状態が容姿に
反映される為 仮に低い霊界で整形手術を受けても 
心が汚いからすぐ元に戻るし その他の霊層界でも 
そのランクに相応しい容姿になっています

ですから現実界で整形手術を受けて きれいになった後で
死んだとしても その人に愛念や徳が無ければ整形前の
顔より酷くなる人も居るわけであり 一切誤魔化しが効かない
「心の世界」が霊界となります

ゆえに中有界レベルの人が霊界で整形を受けても 
一時的効果でしかなく
 散髪で髪を切る以上の頻度で整形する必要に迫られる

霊界で自分を磨き徳を積んで1段階でも霊層を上げれば
 自然と以前より容姿が良くなるわけですから
 美貌の原点は 外面や見掛けを弄ることではなく
「心を美しく」する事が肝要なのである


  1. 2017/06/07(水) 01:22:35|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原子爆弾の投下について

質問者:ハイル禅師 アメリカの原子爆弾による日本への投下に
ついて神仏はどう思われているのでしょうか?

私:日本の神仏は 世界の神や天使の雛形であり
 いわば本体なのです だから日本民族の事だけではなく
 世界の民の平和を願われています

日本は資源封鎖を受けて 仕方なく資源獲得の戦争に
出ましたが 政治家や歴史家の考えに関係なく 
神霊界では侵略とみなされ 巨大な「劫」を積みました

純粋な意味で日本が侵略を受けた事による防衛的な戦争
であれば 元寇の時のように神仏は加勢されたが
 傲慢になり増長した日本の国体は神道を占領地に
押し付けました

無論神仏は喜ぶ筈もなく 高級神は日本の戦後処理を考え
 日本がアジア侵略で殺害してきた「劫」を一気に清算させる為に
 米軍のB29による空襲を行わせ 原爆を二発落とすように
誘ったのであります
 
米軍は四発落とす予定でしたが それはやりすぎと言う事で
神仏は日本の潜水艦で米軍の原爆搭載巡洋艦
「インディアナポリス」号を撃沈させました

日本は「劫」の清算が大方済んだがゆえに
戦後の復興が異常に早かったのであり 
諸外国ではこうも早く復興できなかったと言われております



  1. 2017/06/07(水) 01:20:56|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイエットで成功する方法

質問者:ハイル禅師 ダイエットで成功する方法は何でしょうか?

私:太っている人は標準よりオーバーした分だけの重量の
おもりを四六時中 身に付けている為 心臓・肝臓・腎臓・
血管・腰・膝に負担をかけています

体内では飲食物は糖分から燃えていき 次いでたんぱく質
が燃え 最後に脂肪が燃えるシステムになっている

太っている人ほどお腹がすいてたまらなくなるが
空腹物質と呼ばれる遊離脂肪酸が
脳の食欲中枢を強く刺激するからである

ダイエットで成功するには極端な断食ではなく
 食べる量や食習慣自体を変えることが肝要です

例えば菜食を多くして早食いを止めることや
 間食にはスナック菓子に変えて
 トコロテンや寒天 或いはトマトにするなどの工夫です

食事は抜かずに1日三食食べるのがよく
 毎食腹八分目以内にします

人体は一回の食事で処理できる糖とタンパク質の量には
限度があるため カロリーは平均的な分割摂取が好ましい 

相撲取りは食べる回数を減らして
 一回あたりのカロリー摂取を異常に多くするのは 
太りやすくなるからである

 結果 毎食腹八分目以内のカロリー摂取と
間食に寒天などを食べることで痩せていきます


  1. 2017/06/07(水) 01:19:13|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月神霊界から太陽神界に

質問者:ハイル禅師 月神霊界から太陽神界に変わったとは
 具体的にどう意味なのでしょうか?

私:月神霊界とはお釈迦様の仏教が主宰されていた時代の世界であり
 太陽神界とは天照大神の神道が主宰する時代の意味だが
 明治以降 物質世界の仏教から
精神世界の神道に主導権が移動したという意味である

その証拠に神仏や龍神は明治以降
 神道系の教祖に次々と降臨されており
 明治初年の仏教排撃運動による廃仏毀釈とは
 霊的に仏教の時代が終焉して
 神道の天照大神の時代に突入したことを示唆している

キリストの再誕である「明治天皇」が即位された時を合わせて
太陽が東の地平線上にその一部を現し 
それ以降 加速度的に明るさが増していくわけだが 
太陽が全体を現しきったのは 昭和三十七年である

つまり 昭和三十七年に月と太陽の関係は完全に逆転したのであり
 神道系の宗教では これを「火の洗礼期」に突入したと言っている

だからと言って 月の要素が全く無くなった訳ではなく
 「明」と言う字は 元来 月と太陽が合わさって
明るくなるという意味がある

太陽神界が主宰することで 
現在では 高級神霊が直接現実界に降りられるようになりました


  1. 2017/06/07(水) 01:17:10|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

特選ハイル語録


QR