ハイル禅師語録

ハイル禅師の生涯を綴った名言シリーズ 多いなる涙と感動をあなた方に伝えます読んだ人は魂の歓喜雀躍を覚える事だろう

悪質な円形脱毛症

質問者:ハイル禅師 僕が小学生の時に父親に兄弟共々
よく殴られていましたが そのストレスで僕だけが円形脱毛症
になり 十五年経った今も治りません 治るのでしょうか?

私:後天的に君の場合は脱毛症になり治癒しないとの事ですが 
よく殴る父親には動物霊が憑いており 殴られるあなた方兄弟
には「強力な家系の怨念霊」が憑依しています

家系の怨念霊とは 気が弱い人や霊力の弱い人に殺到してくるが
文字通り「弱り目に祟り目」となる ただ家系を良くしようとする
子孫に打撃を与えようと霊障が親族を使う場合もあります

大体 言葉で説得できずに頻繁に殴る父親がいるが 
動物霊の仕業であり 自分より強い者には手を上げない性質が
強く 家族の病人には平気で蹴り上げたりもする

だが上記のような父親でも他人には異常に優しく親切であり
玄関の扉の内と外では顔が変わる訳で 周りに評価が高い
ケースもあります

また頻繁に父親の暴力に遭った兄弟でも 
君のように脱毛症になるとか精神疾患になる人などは
 霊的免疫力と体的免疫力が弱い虚弱な人が多く
 前世の「劫」が他の兄弟より重い

円形脱毛症の場合 自己治癒力で治る人が多いが
悪質なケースでは ① 救霊を数回受ける 
 ② リーブ21などで発毛促進に励むと 
一年で八割強は回復が見込めるが 完治は難しいでしょう

君の場合 特に怒りを強く感じる人で敏感体質であるので
 健康状態を良好に保つように努力して下さい


  1. 2017/06/03(土) 01:27:45|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霊障の憑依を利用する神仏

質問者:ハイル禅師 神仏は なぜ人に霊障を憑依させて
いるのですか?

私:人は前世と現世で あらゆる罪穢れを蓄積させて
生きていますが 神が定めた「因縁支配の法則」があり 
人の行いによって マイナス面が残れば 必ずそれを
清算しなければならず その清算の媒介が家系の憑依霊
(マイナス霊)の存在なのである

また個人の「劫」に応じて 憑依霊の数や強さが変わり
家系の憑依霊の障りは法則の一環として 神仏が利用して
いる形になっている

だが神仏は表向きには人間に守護神と守護霊以外が
憑依してはいけないと言われております

また家系や個人に憑依する霊とは
 ①地獄の先祖霊 ②怨念霊 ③動物霊 ④生霊 ⑤水子霊
 ⑥木霊・井戸霊などがメインであり どの家系もこれらが
複合的に憑依しているが 徳の多い家系ほど憑依霊が
少ない上に守護霊が多くなり強い傾向にあります

神仏は大局的見地から 地獄の先祖霊・他人の怨念霊
憑かれた子孫の三者が苦しむことによって
「劫」の清算と抹消をさせていく

前世で善行が多かった人は憑依霊の少ない家系に生まれて
守護霊が強い為 幸せな人生で老衰で亡くなりますが
 悪行が多かった人は憑依霊の多い家系に生まれて
 肉体を打たれて不具になったり 奇病や難病に罹患するが
 これらは偶然ではなく すべて「相応の理」によるのである


  1. 2017/06/03(土) 01:26:12|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輪廻転生する魂の素性

質問者:ハイル禅師 人が輪廻転生する魂の素性は
何なのでしょうか?

私:人は何度も生まれ変わり 平均すると文明人では
三百年に一度の割合で転生してくるが 
その不死の魂の素性とは 神の「分霊・分魂」なのである

この神の分霊は生まれ変わりを繰り返して 技術や能力を
身につけ 真理を悟り数々の経験を通して神に近づくのが
使命となります

肉体は長くても80年~100年で消滅するが
 神の分霊である我々人間の魂は 
霊界と現実界を往復しているのが真相である

厳密には神(大霊)より分かれた「分神」が系統別に多数あり
 例えば大国主尊とか少名彦尊などである

*西洋人等も和名の神の分霊です 

例えば十六年前に大国主尊の分霊を受けた人間が 
二十回目の転生ではローマ帝国時代にロッシーニと言う
イタリア人兵士で生まれ その後日本の農民 中村茂吉で生まれ 
次にオランダの貴婦人メーデル・ヘルセンで生まれると言うように
何十回と輪廻転生しますが この人の御霊の正体は
「大国主尊」の分霊です

分霊・分魂である人間は 幾多の経験を積み重ねることによって
 神に近い立派な御魂に育っていくのが転生の目的なのである


  1. 2017/06/03(土) 01:24:28|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダニエル・ダングラス・ヒューム

質問者:ハイル禅師 ダニエル・ダングラス・ヒュームは
本物の霊能力者だったのでしょうか?

私:彼の生い立ちから言動等を入念に調査した所
 強力な霊能力があり 憑依同化の状態になっていました

スコットランド人のヒュームは幼少期から霊媒体質であり
 家庭内でポルターガイスト等の霊現象が頻発した原因は
 ヒュームにあるとして 大きくなると叔母から家を
追い出されている

ヨーロッパ大陸に渡ったヒュームは交霊会を開催して
著名人や軍人などを相手に霊現象を披露しました

ヒュームは正直者であり 空中散歩や空中浮遊などは
 霊の力であり 自分の力では無いと言っているが
 その通りであり 元来 人には極端な霊能力と言うのは
修行の邪魔になることから備わっていない

だから基本的に霊の憑依によるのだが 
ヒュームのような霊能力者は 並みの霊の憑依とは違い
 レベルが桁外れに強力な霊であり同化状態でした

科学者や聖職者なども彼の交霊実験に立会い 
イカサマを暴こうとしたが 何にも見つからなかった

現代でも1流のマジシャンとなると 
難易度の高いマジックには霊能力を使う頻度が高いが
 彼らにも当然 優れた霊が憑依しており力を与えています



  1. 2017/06/03(土) 01:22:21|
  2. 教え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイル禅師






最新記事



玄関風水.com


天衣無縫


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

特選ハイル語録


QR